JAM公式メンタルメソッド「アロマップ(R)とは」

アロマップ(R)は、香りを用いて、クライエントの気持ちの変化を可視化するためのもの

です。

目に見えない心の動きを視覚化しようと試みた結果、出来上がったのがアロマップ(R)。
嗅覚が本能、特に気持ちや記憶に働きかける特質を利用しているので、無理がなく、優しくアプローチできるのが良いところです。

アロマップ(R)は、以下の図にあるように意識に働きかけてその人の行動変容を促します。

 

 

嗅覚が潜在意識に働きかけるという特質と、意志や決意などを司る顕在意識とをうまく連携させて、望む行動を取れるようにするためのサポートをするように作られています。

アロマップ(R)という名前は、アロマとマップを組み合わせた造語です。

元々心理カウンセラーだった代表は、クライエントの気持ちの変化をヴィジュアル化できるといいなと常々思っていました。
すっきりしたとか、カタルシスとか、目で見えない心の動きを何とか可視化できないもんか、可視化したい!香りを用いてその人の心(気持ち模様)の地図を描けたら、というのがアロマップ(R)を作ろうと思った当初のモチベーションでした。

 

アロマップで使うツールたち。
セッションや講座でその効果を実感して下さいね。

 

アロマップ®はいくつかのやり方があります。

1)マイアロマップ香りキットでメンタルセルフケア

image

アロマップのFBページでは、こちらのキットを紹介しています。
https://www.facebook.com/aromap

このキットの名前が「マイアロマップ®」と言います。
ソリューションオイルと呼ばれる10本の天然アロマオイルのブレンドオイルとアロマップ®カードをがセットになってパッケージングされてます。

どこでも持ち運べて、いつでもどこでもメンタルケアが出来る優れものです♪

2)アロマップ(R)カウンセリング

アロマップ®は、マンツーマンのカウンセリングで心理ケアを実践するツールです。

使うのはアロマップ®用エッセンシャルオイル30本

アロマップカード6枚。
なぜアロマオイルが30本もいるのかというと、ひとつひとつのの香りが導き出す感情はそれこそ一つとして同じではないので、数多くの香りに触れてもらうことで、心の扉をあらゆる方向から叩き、感情と記憶を引き出す意味合いを持ってます。

 

例えば典型的なセッションの場合、60分枠でお話を聴くカウンセリング時間は25分~30分。その前後は、写真のようにアロマを30本ほど嗅いでもらいマップを描いていきます。

そして、カウンセラーはその香りマップからその方の問題や、欲求を導き出していくのです。

最後には、その方のメンタルに合ったアロマオイル(フォローオイルと呼びます)をお渡します。

あなただけのために作ったオーダーメイドのアロマオイルは、日々の生活の中で必ず心の助けになってくれると思います。

3)マイアロマップ(R)ワークショップ

さて、もうひとつのスタイルは、
マイアロマップ(R)ワークショップです。

複数人対象のワークショップ形式でアロマップ(R)を楽しんでいただけます。

さて、このワークショップに使用するのは、こちらのマイアロマップ(R)キットです。

商品としても販売しています。4,500円(税抜)インストラクターや協会で購入出来ます、

このマイアロマップ(R)のワークショップは、少人数から大人数まで開催することが出来ます。

こちらは大学職員さん向けのマイアロマップ(R)ワークショップで100人様お相手で関東方面のインストラクターさん達で実施しました。
出張スタイルもあり!のマイアロマップ(R)です。

先ほどのアロマップとこのマイアロマツプの違いをまとめます。

マイアロマップ(R)は、顕在意識でのコントロールを主に考えられていて、

アロマップ(R)カウンセリングはより潜在意識に働きかけて行動変容を促すように作られています。

同じ理論を使いながらも、目的や対象が異なるので、どちらが自分に合ってるというより、どちらも身につけて使い分けて頂けると、お客様やクライエント様の自己実現を促せると思います。

まず、マイアロマップは、自己実現など夢をかなえたり、悩みの解決のためにどう動いていったらいいか行動の指針が欲しい方向きです。
他人のサポートなしで気持ちの整理をすることができます。日々のストレスケアやもやもやの解消にぴったりです。

一方、アロマップは、悩みを生み出す気持ちや、性格を変えたいなど、行動を突き動かす感情や自分と上手く付き合いたいと思っている方向きです。
他者のサポートによって普段気づかない自分に気づくことや心の奥底で求めていた気持ちが分かります。

例えば、子どもに対してイラっとする時は気持ちの整理をして香りのサポートを受けるマイアロマップ®がオススメ。
でも、子どもをイライラのはけ口にしてしてしまうならアロマップ®カウンセリングをおすすめします。この違いお分かり頂けますでしょうか?

子どもに原因があるか、
お母さんの心に原因があるか、
それによってもアプローチは変わります。

マイアロマップは、自覚している悩みや問題の解決をしていく
アロマップは、自覚している悩みだけでなく原因となっている無意識の感情を変えていく

と言うことです。

両方とも最終的には行動変容を促すのが目的ですが、心のどこに働きかけて行動を変えていくのかが、異なるのです。

おすすめの使い分け方は、

●日々のメンタルケアにはマイアロマップ、
●月1回の定期ケアにアロマップカウンセリング、

です。

マイアロマップ(R)のワークショップ開催をするためには、マイアロマップ(R)インストラクター資格を取得してください。協会認定校や、通信教育でも取得可能です。

アロマップ(R)カウンセリングを心理セラピーとしてやりたい方は、アロマップ(R)カウンセラー資格を取得してください。

協会公認校のJAMアカデミーで受講出来ますし、体験やセッションも受けることが出来ます。アロマップblog→http://ameblo.jp/akkochan1967

◎チャートでチェックしてみませんか。
あなたはどちらのアロマップ